本サイトには広告が含まれています

ソイカウボーイで夜遊びするならココ!JF無料のおすすめのホテル4選

  • URLをコピーしました!

ソイカウボーイで夜遊びするつもりだけど、その際に泊まるホテルはどこが良いのか?
また、女の子の連れ込みで余分な料金がかからない方がいいけど、どのホテルを選べば良いのか?

そんな疑問を頂いてるあなたのために、この記事ではソイカウボーイで夜遊びする人におすすめのホテルを紹介します。
JF無料のホテルなので、女の子の連れ込みをする際にもコスパが良いですよ。
では、さっそく見ていきましょう。

目次

ソイカウボーイで夜遊びしたいなら、ホテルはどうやって選ぶのが良い?

ソイカウボーイの夜遊びに便利なホテルを選ぶなら、アソーク駅周辺にホテルを取るのが良いですね。
アソークで「女の子の連れ込み料金」である「JF(ジョイナーフィー)」が無料のホテルを選ぶのが鉄則。
もしくは、「ナナプラザ」があるナナ駅周辺のホテルもあり。
少し歩きますが、ソイカウボーイに徒歩でアクセス可能ですね。
ナナプラザ周辺のJF無料のおすすめホテルをまとめた記事もありますので、参考にして下さい。

ソイカウボーイ周辺のJF無料のおすすめホテルは上記で紹介しています。
では、さっそく見ていきましょう。

ソイカウボーイの夜遊びにおすすめのホテル①.ソフィテルバンコクスクインビットホテル

ホテル名:ソフィテルバンコクスクインビットホテル
住所:189 Sukhumvit Road, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
料金:1泊1人34,463円~

アソークエリアの5つ星ホテルの「ソフィテルバンコクスクンビット」。
BTSのアソーク駅から僅か6分の距離に位置しているホテルですね。
ソイカウボーイにも歩いてアクセスできますし、目の前には援交カフェとして有名な「テーメーカフェ」があります。
バンコクで夜遊びしたい男性にはかなりおすすめのホテルですね。

ホテルのフロント前には高級感溢れる雰囲気が漂っています。
今回宿泊したのは、21階のラグジュアリーキングルーム。
部屋は広々としており、大きな作業机があるため、出張者にも最適です。

ガラス張りのバスルームや、クローゼットに完備されたガウン、アイロン台、セーフティーボックスといったアメニティを完備。
ルームサービスはQRコードで注文する形でした。

ホテルのフィットネスジムは充実した機器を揃え、プールエリアは日光浴を楽しむのに最適な空間となっています。

特筆すべきは、ホテルの屋上にあるバー
抑え気味の照明と、バーカウンターよりも屋外で楽しむバンコクの夜景は、一日の疲れを癒すにはもってこい。

朝食はビュッフェ形式で、甘いパンからクロワッサン、チーズ、フレッシュフルーツ、さらには健康的なグリーンジュースまで、豊富なメニューが用意されています。
料理はどれも美味しく、朝から満足のいく食事を楽しむことができました。
特にフランス系のホテルってことで、パンは絶品でしたね。

Agodaで空室をチェック

ソイカウボーイの夜遊びにおすすめのホテル②.ジャスミン シティホテル

ホテル名:ジャスミン シティホテル
住所:2 Soi Sukhumvit 23, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
料金:1泊1人17,775円~

バンコクのアソーク地区にあるジャスミンシティホテル。
アソーク駅から徒歩3分という絶好の立地にあります。
ソイカウボーイへも徒歩でアクセスできるホテルですね。

ジャスミンシティホテルは、日本人旅行者に特化したホテル
日本人は非常に過ごしやすい宿になってますね。
そのクオリティは4つ星ホテルとしての評価をはるかに超え、5つ星ホテルと遜色のないサービスを提供しています。

ホテルのロビーは広々としておらず、5つ星ホテルのような豪華さはありません。
ただ、清潔感があり、フロントのスタッフは簡単な日本語が理解できます。
また、込み入った話をする際には、日本人スタッフを呼んでもらうことも可能。
サービスにうるさい日本人を相手にしているだけあって、ホテルのスタッフのサービスも申し分ありません。

ジャスミンシティホテルの部屋は非常に広く、長期滞在者に便利なミニキッチンが付いています
また、日本人にとって欠かせないバスタブも完備。
部屋からの眺めも抜群で、開放感があります。

ホテル内にはジム、プール、そして日本食が楽しめるレストランがあります。
ジムの設備は少し古めですが、一通りの器具は揃っていますね。
プールは小さめですが、バンコクの暑い昼間に涼むくらいのことはできます。

ジャスミンシティホテル周辺には、タイ料理、日本料理、サブウェイなどがあり、食事場所には困りません。
ホテルの隣のビルにはマックスバリュというイオン系のスーパーも入っています。

朝食ビッフェは、そこまで品数は多くありません。
が、日本食は充実しています。
ごはん、納豆、味噌汁、漬物、焼き魚など、日本の朝定食で出てくるようなメニューは普通に食べられます。
洋食が良い人でも、洋食のメニューは準備されてるので安心ですよ。

Agodaで空室をチェック

ソイカウボーイの夜遊びにおすすめのホテル③.スクンビット スイーツ ホテル(Sukhumvit Suites Hotel)

ホテル名:スクンビット スイーツ ホテル(Sukhumvit Suites Hotel)
住所:403-403/1, 407 407/1 Sukhumvit Road, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
料金:1泊1人7,357円~

ソイカウボーイ周辺でホテルを探してるなら、スクンビットスイーツホテルはおすすめの一つです。
ホテルはアソーク駅から徒歩2分という抜群の立地にあります。
ソイカウボーイへも徒歩数分でアクセス可能ですね。

スクンビットスイーツホテルは小さめのホテル。
ですが、内装はとてもおしゃれです。
フロントのスタッフも洗練されており、ホテルには料金以上の高級感があります。

客室も非常に綺麗。
ホテルのおしゃれさ、綺麗さを重視する人なら間違いなく気に入るでしょう。
ただし、部屋は狭いので、広々とした空間を望む人には厳しいかもしれません。
また、窓を開けても目の前は線路なので、景観も微妙。
さらに、お風呂も無いですね。
この点はマイナスポイントかな。

ホテルはレストラン以外に館内設備はありません。
プールやフィットネス施設はなく、1階にレストランがあるのみ。
しかし、ホテルの周辺にはターミナル21という大きなショッピングモールがあり、全く不便を感じることはありません。

なお、ホテルの朝食は1階のレストランで提供されます。
そのクオリティは高いですね。
ビッフェ形式ではなく、いくつかのメニューから選ぶアラカルト型式。
提供された朝食はおしゃれで美味しいです。

Agodaで空室をチェック

ソイカウボーイの夜遊びにおすすめのホテル④.フラマエクスクルーシブアソークホテルバンコク

ホテル名:フラマエクスクルーシブアソークホテルバンコク
住所:133/2 Sukhumvit 21 Road Klongtoey Nua Wattana, スクンビット, バンコク, タイ, 10110
料金:1泊1人7,775円~

バンコクのアソーク地区にあるフラマエクスクルーシブアソークホテルバンコク。
アソーク駅から徒歩3分という絶好の立地にあります。
ソイカウボーイも通りを挟んで反対側になりますね。
立地はまさに夜遊びに最適。
実際、日本人の夜遊びトラベラーの姿もたくさん見かけます。

ホテルはこじんまりしてます。
あと、老舗のホテルなので、4つ星ですが老朽化は感じました

今回宿泊した部屋は「デラックスルーム」。
長時間座っても疲れないビジネス向きの椅子や、窓際のソファが良かったですね。
落ち着いた色調の部屋も印象的でした。
Wi-Fiのスピードも非常に速く、日本のサイトへのアクセスもスムーズでした。

ただ、室内の備品にも多少傷がありました。
客室もやはり老朽化は否めないかな・・・。

バスルームは白と黒の落ち着いたデザイン。
バスタブとシャワースペースが別々に設けられていました。
バスタブ付きなのは、日本人にはうれしいですね。
ソイカウボーイで連れ込んだ女の子とバスタブでいちゃいちゃすることもできます。

なお、ホテルには館内設備としてプール・フィットネスがあるという情報でした。
しかし、プールは営業してませんし、フィットネスも古くてまともなトレーニングができる感じではありません
ホテルの館内設備にはあまり期待しない方が良いでしょう。

朝食ブッフェについては、以前は非常に質が高かったですね。
しかし、近年は質が落ちた印象。
まぁ、最低限のメニューは揃ってたので、料金並みかなって感じ。

「ソイカウボーイに近くて、そこそこのクオリティのホテルを10,000円以下で探してる」って人にはおすすめできるホテルだと思いますね。

Agodaで空室をチェック

ソイカウボーイで夜遊びするならココ!JF無料のおすすめのホテル4選のまとめ

今回の記事ではソイカウボーイで夜遊びする際におすすめのホテルを見てきました。
宿泊費が高くても問題ないなら、イチオシは5つ星ホテルの

  • ソフィテルバンコクスクインビットホテル

になりますね。
ただ、お金の面で厳しいってことであれば、予算に合わせて他のホテルを選ぶのが良いでしょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次